バイクのガソリン代と燃費

バイクのガソリン代の節約方法

バイクのガソリン代の節約方法 通勤や休日などでバイクを利用する機会が増えると毎月のガソリン代による負担が心配になりますが、燃費を良くする事で節約することが可能です。
バイクの燃費を良くする方法として、外装パーツなどを軽いものに交換することで、燃費を良くする事が可能ですが、外装パーツなどの交換には費用がかかります。
費用をかけないで軽量化する方法もあり、バイクに乗る人の体重が軽ければ軽いほど、軽量化に繋がるのでダイエットなどで体重を減らしてみるのも手です。
定期的なオイル交換も燃費を良くすることに繋がり、柔らかめのオイルにすることで、エンジンの抵抗を減らすことができ、ガソリン代の軽減に繋がります。
他にも電気系統の流れが悪いと、バイクの性能を十分に引き出すことができないので、改善することで燃費を良くする事もできます。
また、タイヤの空気圧を若干高めにすることで、抵抗を軽減することができ、燃費を良くする事もできますが、空気圧が高すぎるとスリップによる事故の原因になるので、注意が必要です。

バイクの燃費はどれくらいか

バイクというと、自動車に比べると比較的排気量の割には燃費が良い車両です。
エンジンの排気量の大きさや、2ストロークや4ストロークと呼ばれるエンジンのシリンダーの気筒数や、重さや環境など一概にこれだとは言えません。
大体50ccクラスの原付だと、1リットルあたり30~50キロメートルほど走り、特に燃費の良いものだと1リットルあたり100キロメートル近くも走るものもあります。
中には、とあるメーカーのカタログに記されている数値だと113キロメートルも走るんだとか。
125ccの小型二輪になると、原付に比べれば若干下がりますが、それでも普通に1リットル当たり25~40キロメートルほどは走ります。
高速道路でも走れる250cc~400ccの中型のクラスになると、性能が良い分それなりになりますが、それでも1リットル当たり20キロメートル前後は走ります。
400cc以上の大型となると、排気量に比例して悪くなりますが、1リットル当たり15~20キロメートルくらいは走ります。
バイクも50ccから1300ccまで幅広くあり、車種にもよりますが燃費もそれなりに変わります。自動車だとバイクより大きいので、同じ排気量でも若干燃費が下がってしまいます。
もしも自動車とバイク両方持っているなら、用途に合わせて使ってみると良いかもしれません。